忍者ブログ


ケイダッシュグループ、アワーソングスクリエイティブ所属、城之内ミサの公式ブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆様、ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。
お元気でいらっしゃいますか。

3月末から始まる「興福寺 阿修羅展」のVR映像音楽の作曲を担当いたしました。
お時間があれば、是非お越しいただければ幸甚です。
詳細は追ってお知らせいたします。

新しいアルバムの曲も、少しずつですが書き始めています。
世界遺産トーチランコンサートでも、また、皆様とお会い出来ることを心待ちにしております。

3月に入ってしばらくすると、
いよいよ「世界遺産トーチランコンサート公式ホームページ」が
いよいよアップとなります。
URLは次回、お知らせいたしますので、是非、覗きに行ってみてくださいね!

それではまた!
いつもありがとうございます。ご自愛ください!

城之内ミサ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



無題
ずっと、城之内ミサさんのことが気になります。
私も 音楽が好きな人です。
楽器も勉強しまった。

この先に、ミサさんの音楽を聞きました、それから、ミサさんを アイドルにします。
あなたの音楽に感動されましたから。

ミサさんのブログを読む事が時々にあります。
何かをミサさんに言いたいです。

日本語が下手ですけど、本気で ミサさんの音楽が期待しています。

ああ、、『大地の歌』というアルバムを聞きましたが、心は 緩やかな風とか、優しい空とか、青々木々とか、目の前に浮かべてた。

だから、ミサさんの音楽を気になり続きます。「興福寺 阿修羅展」も きっと見ますから。

ミサさん、こんな美しい音楽を作るから、
ホントに ありがとうございます。

私は これからも 頑張ります、夢を叶え見せる。

中国からのファン ようきん
ようきん 2009/02/28(Sat)14:36:38 編集
コメント返信
>ようきんさん

メッセージをありがとうございます!
謝謝!
私の曲を気に入って頂け、とてもとても嬉しいです。
ようきんさんのアイドルにして頂けるなんて、とても光栄です!
『大地の歌』も聞いてくださったのですね。
ようきんさんの目の前に、大地の風景が見えていた御様子に、
とても感激いたしました。

阿修羅展もどうぞお時間がありましたら足をお運びください。
ようきんさんも、どうか夢に向かって頑張ってください。
楽器もお勉強されたとのことですが、それは、ようきん、つまり、
メッセージのお名前のように『揚琴』なのでしょうか。
私は揚琴の音色が好きです。単音も好きですが、トレモロをしたときの、
あの、ハラハラと七色の花びらが舞うような、美しい音色に、
『華』シリーズのアルバムでは何曲も揚琴を使用した曲を作曲しました。

どうかお体に気をつけて充実した日々をお過ごしくださるよう
お祈りしております。
またメッセージをお待ちしています。
ありがとうございました!

missa
【2009/03/03 14:44】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   MESSAGE19   HOME   MESSAGE17    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
城之内ミサ
性別:
女性
自己紹介:
☆UNESCO Artist for Peace
 (平和芸術家)
☆東邦音楽短期大学
  音楽学部特任講師
☆平城遷都1300年記念
  事業協会評議員
☆平城遷都1300年記念
  事業音楽広報大使

東邦音楽短期大学音楽学部作曲楽理科に在学中より、テレビドラマ、映画音楽の作・編曲など、プロとしての活動を始める。
「3年B組金八先生」、「毎度おさわがせします」、「フレンズ」、「日曜東芝劇場」、「ポーラ連続テレビ小説」、「マンハッタンキッス」、文化庁芸術祭参加作品など、数々のドラマ、映画、映像の音楽や主題歌を手掛ける。
CMでは「日本香堂(出演・音楽)」、「伊勢丹春秋キャンペーン」、「雪印」、「キューピー」、「旭化成(全日本CM大賞受賞・出演と音楽)」、「積水屋根瓦」、「クレフ化粧品」などの音楽も手掛ける。

メディア活動では、ラジオのパーソナリティとして東京FM「ハートオブサンデー」を5年間勤め、アナウンサー福留功男氏と共にBAY-FM「パワーフライデー」のパーソナリティを2年間つとめた。
テレビドラマにも役者として数本出演、報道番組のゲストコメンテーターとしても活躍する一方、エッセイも多数執筆。
また、アーティストのプロデュース、編曲、楽曲提供も手掛ける。
(谷村新司、林明日香、森山直太郎、シャオロン、高桑英世、ジャン・シャオチン、ジャー・パンファン等)
国内の活動だけでなく海外公演も多く重ね、再演の呼び声も高い。
最新記事
(01/29)
(10/25)
(10/01)
(09/24)
(09/06)
最古記事
(05/01)
(06/07)
(07/23)
(07/30)
(08/20)
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
  Designed by A.com
Copyright 2007 OUR SONGS CREATIVE Inc., All Rights Reserved.